インプラント専門医によるインプラント治療

イメージ画像

インプラントとは、チタン製の歯根を顎の骨に埋め込み、天然歯の代わりをさせる方法です。インプラントは両側の健康な歯を削ることなく、他の歯の負担を軽くし、保護をする効果もあります。
特長として審美的にも機能的にも、天然歯に近い回復が可能です。噛む力も天然歯と変わらないため、快適な生活を送れます。
日本人が40歳から60歳までに喪失する歯は、一人あたり平均8.4本にも及びます。

失った歯は全てにインプラントを入れるには、歯の土台となる骨量が十分かどうかが、まずは問題となります。さらに、患者さんの体力的側面や経済的負担なども考慮しなければなりません。
患者さんの歯がなくなっても、全部インプラントにすればいいということではなく、残っている歯を少しでも長く守っていくためにインプラント治療があると理解していただきたいと思っています。

  • MERIT.01

    天然歯への
    負担が少ない

  • MERIT.02

    美しい歯

  • MERIT.03

    噛む力を回復

  • MERIT.04

    違和感がない

イメージ画像
  1. #01. 専門医としての実績
  2. #02. アフターメンテナンスフォロー
  3. #03. 最新の設備
Q

インプラント治療には、どのくらいの期間がかかりますか?

A

完全に治療が完了するまでは、4ヶ月~1年くらいかかるとお考えください。

Q

骨粗しょう症という診断を受けたのですが、インプラント治療は可能ですか?

A

現在技術が進んでおり、多くの場合解決できますが、正確には検査をしてからの判断となります。

Q

インプラントを使用できる年数は、どのくらいでしょうか?

A

定期検診などでケアが出来ていれば数十年持つ事は証明されています。

Q

インプラントの手術は痛くないですか?

A

麻酔をかけて行いますので痛みはありません。数日の間、多少は腫れます。

Q

インプラントを骨に入れることで、何か体に影響はありますか?

A

チタンの性質は腐食せず、体になじみ拒絶反応を起こしにくいものです。体に悪い影響はありません。

インプラントのメリット

今までの歯がなくなった時の治療方法としては入れ歯やブリッジがあります。これらの治療方法は、かみ心地が悪かったり、ブリッジした歯に負担をかけてしまいますが、インプラントは天然の歯と同じかみ心地の上に隣の歯などへの負担がありません。
また、入れ歯は年々合わなくなり作り直す必要もありますが、インプラントでは作り直す必要がありません。

インプラントのデメリット

保険外治療のため、費用が高額になってしまいます。

医療費控除が適用されます。医療費控除とは、所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

 >   >  インプラント

PRACTICE TIME

  日・祝
9:00〜13:00
14:30〜18:00 14:00〜
 17:00

※受付時間:午前9:00〜午後5:30 ※曜日によって混む事がございますのでご予約をオススメします。

熊本県内のお客様 0120-8020-45
熊本県外のお客様 096-371-8888
新水前寺駅 徒歩1
イメージ画像:院内写真

交通アクセス

STREET ADDRESS
〒862-0949熊本市中央区国府1丁目1-1
Google Mapへ
ページの先頭に移動