診療案内

歯周病専門医による歯周病治療

なぜ歯がなくなったのかをきちんとつきとめる

歯がなくなる理由としては、歯周病、虫歯、事故などさまざまなものがありますが、一番多いのは意外にも歯周病なのです。40歳以上の約8割が歯周病だといわれています。日本人の平均データとして、40歳で3〜4本、さらに40歳から60歳で8本以上を喪失するといわれています。

歯周病はサイレント・ディジィーズ(静かな病気)と言われ、症状が出てくることにはかなり状態が悪化している場合が多いもの。ブラッシング時に血が出る、歯がしみる、歯が動く、ハレが出るなどのサインは症状が進行している証拠なので注意してください。歯周病で歯をなくした場合、治療した人工歯や他の健康な歯もまた喪失を繰り返すことになりかねません。

歯をなくさないためには?

食生活と口腔ケアを気をつける、これだけでかなり予防できます。
ただし、自力で100%きれいには磨けませんし、病気の進行具合も把握しにくいもの。そのため定期的に歯科のサポートをきちんと受けることが何よりも大事です。

当院では歯周病治療に力をいれており、常により効果的な治療法を取り入れてきました。
歯周外科手術も年間90件以上と多くの実績があります。

実績・活動紹介はこちら