診療案内

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは?

静脈鎮静法は、歯科治療に対する恐怖や精神的な緊張を感じる患者様に対して術前・術中に鎮静薬を投与することで不安を和らげ、リラックスした状態で治療できる治療法です。
ストレスを軽減することができ、痛みもほとんど感じません。
意識が完全になくなる訳ではなく、ぼーっとした「うたた寝」に似た状態になるため簡単な会話することも可能です。緊張が和らぐことで血圧や心拍数も安定し、鎮静法の健忘作用のおかげで治療の体感時間が短く感じられます。

静脈内鎮静法はこんな方におすすめ

歯の治療に対して強い恐怖心、緊張感、不快感を感じる方
治療中に吐き気、脳貧血などの体調不良に陥ったことのある方
インプラントや親知らずの抜歯など長時間の治療が必要な時
高血圧、不整脈、狭心症などの持病をお持ちの方

静脈内鎮静法の流れ

1.治療前日までに患者様の健康状態をヒアリングします。
※患者さんの全身の健康状態によっては静脈内鎮静法ができない場合もございます。

2.血圧や呼吸を監視するモニターの装着。

3.鎮静薬の投与
点滴から鎮静薬を投与。
薬を投与してから1〜3分で意識がぼんやりとしてきます。

4.治療
患者様の状態を確認したのち、局所麻酔を行い治療を開始します。
※治療中も必要に応じて鎮痛薬の量を調整します。

5.治療完了
治療・手術が終わり次第点滴を止めます。点滴終了から5分ほどで通常の状態に戻ります。
眠気やふらつきが治まるまで休息をとります。その後、意識・動作に問題がないか確認できれば帰宅できます。付き添いの人に送迎して頂くかタクシーを利用するなどした一人での帰宅はなるべく避けるようにして下さい。

笑気吸入沈静法Q&A

  • 静脈内鎮静法はどのような状態になるのですか?
  • 鎮静薬が脳に作用し、恐怖心、緊張感、痛みを和らげます。ぼんやりとして術中の時間の感覚もなくなりますので患者様への負担が減らせます。
  • 全身麻酔との違いはなんですか?
  • 静脈内鎮静法では眠ってしまうわけではなく、寝ぼけているような感覚になります。 簡単な会話の受け答えが可能です。全身麻酔では完全に意識がなくなり、呼吸も自発的には出来ない状況になります。
  • 静脈内鎮静法は安全ですか?
  • 静脈内鎮静法は歯科治療に導入されて30年以上にもなり、安全性は高い世界水準の術式です。
    専門の麻酔医によって、脈拍、心拍数などモニタリングしながら行われますのでご安心下さい。
  • 静脈内鎮静法では入院が必要ですか?
  • インプラント手術に入院は必要ありません。手術は全て日帰りが可能です。
    しかし、手術後はめまいやふらつきが多少残る場合がありますので、お一人での帰宅は避けて下さい。